いきなりハイレベルな置き換えに挑戦しない

近頃では、ファスティングという言葉が良く使われるようになってきました。簡単に言えば、断食の1つです。ただそれにも様々な種類があって、ややハードルが高めなタイプもあるのですね。それで酵素ドリンクが使われるのですが、コツとしては最初からあまりハードルを高くしすぎない事です。

半日や1日などと色々な種類がある

そもそも断食は、1種類だけではありません。それこそ様々な種類がある訳ですね。ざっと挙げるだけでも、次のような種類が見られます。

  • 半日断食
  • 1日断食
  • 3日断食
  • 1週間

このように様々な種類があり、もちろんそれぞれハードルも異なります。1週間などと聞くと、かなりハードルは高そうですね。

いきなり3日から挑戦しない

そして上記のような断食の中で、まず3日のタイプからチャレンジするのは止めておいた方が良いでしょう。確かに3日のタイプは、ある程度の効果を発揮してくれます。それで体調不良などが改善するケースも、多々あるのは事実ですね。

しかし、問題はそれが達成できるか否かです。3日ほど経過する前に、途中で断念してしまうリスクがあるでしょう。また3日断食の途中段階で、ストレスを抱えてしまうのも良くありません。かえってダイエットが進みづらくなる可能性があります。

ドリンクもいきなり回数を多くしない

そして上述のドリンクは、置き換えの為に用いられる事がよくあるのです。1日3回の食事のうち、1回だけを置き換えてみたり、2回ほど置き換える方法など色々ある訳ですね。この場合も、やはり最初から2回ほど置き換えるのは良くないでしょう。途中で断念してしまえば意味が無いからです。

最初からハードルが高めなものにチャレンジをするより、むしろ1回置き換えからチャレンジするのが望ましいです。1回に体が慣れてきたら、今度は2回にチャレンジするイメージですね。

たとえ1回置き換えでも無理はしない

またドリンクを1回だけ置き換えるのも、実は人によってはハードルは少々高いです。今まで一度も置き換えをチャレンジした事が無い方にとっては、少々大変な一面があります。ですので無理だと感じたら、一旦はゼロ回置き換えに戻す方が良いでしょう。それで再チャレンジするイメージですね。

無理せずゆっくり慣らしていく

結局のところ、最初からあまりハードルが高い置き換えに挑戦しないのが望ましいです。まずはハードルが低めなドリンク置き換えにチャレンジしていって、それでだんだん慣れてきたら、高いハードルに挑戦するのが望ましいでしょう。